ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

デメキン(出目金)(金魚図鑑)

投稿日:2018年6月16日 更新日:

 

出目金は金魚すくいなどにもよく出されていて、結構ポピュラーな金魚です。

出目金と言えば黒出目金をイメージされる方も多いでしょうが、出目金には普通の金魚色した赤出目金や、更に黒色が混ざった3色出目金なども存在します。

目が大きく飛び出しているのが特徴で、体型的には琉金タイプになります。

 

黒デメキン

全般

デメキン自体は結構生命力の強い金魚です。

ところが金魚すくいなどで出されることが多く、金魚すくいの金魚はダメージを受けていたり、生命力の強い和金に混ざって金魚すくいに出されていることが多いこと、すくった人が金魚の飼育方法に不慣れなことも多いことから、デメキンは弱いというイメージが定着してしまったようです。

 

デメキンは、動きはあまりシャープではないのですが、他の種類の金魚を押しのけて、エサにありつこうとしたりするところは、結構パワフルな感じもします。

泳ぐ姿がかわいらしく優雅なので癒やされると思います。


飼 育

飼育は特に難しくはなく、琉金と同程度と考えて良いと思います。

ただし目の病気や、怪我が多く注意が必要です。

視力もあまり良くないので流木などのとがったものは水槽に入れない方が良いでしょう。

 

生命力は結構強いと言いながら、寿命的には早めで6~7年程度で寿命を迎えることが多いです。特殊な目の形をしているのが影響しているのかもしれません。

大切の育てれば15cmくらいの大きさになります。大きく育ったデメキンは、やはりちょっと迫力があるというか、特異な姿なので、見応えがあると思います。

 

黒デメキン

 

混 泳

デメキンはあまり泳ぎが得意でなく、他の金魚に目をつつかれることもあるので混泳はあまりしない方が良いと思います。

どうしても混泳させるなら、同じく泳ぎの下手なピンポンパールか、同体形の琉金などにしましょう

 

入 手

黒デメキンについては比較的入手が容易です。

赤出目金も黒デメキンより流通量は少ないですが、比較的に目にすることは多いです。

3色デメキンはデメキンの中では比較的流通量が少なく、入手が難しいという程ではありませんが、目にすることは少ないかもしれません

 

その他

元々は赤出目金からその他の色のデメキンが作出されています。

明治時代に中国から輸入されたのが、日本でのデメキン飼育の始まりです。

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

ライオンヘッド

  ライオンヘッドは見た目は蘭鋳と似ていますが、別系統の金魚です。 中国系統の背びれの欠如した品種 頭部全体に肉瘤が発達しているのが特長 らんちゅうとの交雑が進み、見分けが付きにくい場合もあ …

トラらんちゅう、普通のらんちゅうと黒ランチュウを交配するとどうなるか

  金魚の中で、体色に普通の金魚色と黒色が混ざっているものをトラと呼びます。 普通のらんちゅうと黒らんちゅうを交配させるとトラらんちゅうが生まれてきます。   珍しくもなんともない …

ハナフサ(花房)金魚図鑑

  ハナフサ(花房)花の部分に花房のようなものがついているもの全体を言います。 鼻孔から肉がはみ出して花房のように見えます。  

土佐金(トサキン)

  土佐金(トサキン)は土佐(高知県)を中心に飼育されている金魚で3大地金魚(愛知のロクリン、島根の出雲ナンキン)の一つです。 琉金の体形ですが尾びれが上側にめくれ上がっているのが特徴です。 …

和金(ワキン)(金魚図鑑)

  和金(ワキン)といえばお祭りの金魚すくいでもおなじみで、もっともポピュラーな金魚です。 金魚はフナの突然変異、いわゆる緋ブナ(フナの体色が黄色っぽく変色したもの)を品種改良して作られたも …