ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

スイホウガン(水泡眼)

投稿日:

 

水泡眼はらんちゅう体形の身体に両方の目の下に大きな水泡がついているという特異な体つきをしているので目立ちます。

飼育時の注意事項や水泡について解説します。

 

スイホウガン(水泡眼)全般

水泡眼(更紗)

両方の目の下に大きな水泡がついています。

大きな水泡がついているものもあれば、申し訳程度にちょこっとついているだけのものもいます(個体差が大きい)

生まれつきの素質の影響が大きく、育て方によって水泡が大きく育つということはあまりありません。

 

背びれはなく、らんちゅうに比べるとやや胴長、尾びれもらんちゅうよりは長めです。

素赤や更紗模様のものが多いですが黒や3色(キャリコ)のものもいます。

 

キャリコの水泡眼

 

水泡は眼球の角膜のみが大きく膨らんでできたものです。水泡の中はリンパ液で満たされています。

元々は中国で作られた金魚で、日本へは1958年になって初めて導入され人気が急上昇しています。


飼育方法

飼育自体は見かけのイメージほど難しくはありませんが

水泡が破れたりしないように、水槽内にとがったものやオブジェクトなどは入れないようにしましょう。

水槽などの飼育容器を移動する際も取扱注意です。

 

水泡が破れてしまうと、復活までにしばらく時間がかかりますし、元のように復活せず左右が不均一になる場合があります。

水泡が破れても普通に生きていますが、水泡のない水泡眼は見た目も良くありませんから、特に気を付けた方が良いポイントです。

 

水泡眼(素赤)

 

入手難易度

金魚屋さんなどでもよく見かけるので、入手自体はそれほど難しくはありませんが、水泡がよく発達したものや、3色(キャリコ)、黒などはあまり出回っていません

 

他の金魚との混泳

らんちゅう系統で泳ぎが下手な上に、大きな水泡が邪魔をするほか、水泡で視界がさえぎられたり、運動の邪魔になったりするので、他の金魚との混泳は適していません。

あるいは動きの速い金魚や大きな金魚と一緒にすると水泡をつつかれたり、ぶつかって破れたりする可能性もあります。

 

水泡眼(素赤)

 

水泡が破れてしまったら

水泡が破れてしまったら、2,3日塩浴か、メチレンブルーを数滴たらして消毒

後は放置で良いでしょう

1ヶ月くらいである程度復活することが多いようです。

左右同じように元に戻るかどうかは保証の限りではありません。

 

水泡眼(素赤)

水泡眼(更紗)

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

頂天眼(チョウテンガン)

頂天眼(チョウテンガン)は中国産の金魚で赤出目金の突然変異から生まれ 細長のらんちゅう体形に上を向いている目がついているのが特徴

アズマニシキ(東錦)

  東錦はオランダ獅子頭と同じような体形をしています。 頭部に肉瘤があり、ヒレも比較的長くなっています。 オランダ獅子頭と三色出目金の後輩によって作られた品種で、言うなればキャリコオランダ獅 …

トラらんちゅう、普通のらんちゅうと黒ランチュウを交配するとどうなるか

  金魚の中で、体色に普通の金魚色と黒色が混ざっているものをトラと呼びます。 普通のらんちゅうと黒らんちゅうを交配させるとトラらんちゅうが生まれてきます。   珍しくもなんともない …

土佐金(トサキン)

  土佐金(トサキン)は土佐(高知県)を中心に飼育されている金魚で3大地金魚(愛知のロクリン、島根の出雲ナンキン)の一つです。 琉金の体形ですが尾びれが上側にめくれ上がっているのが特徴です。 …

ロクリン(六鱗)

  ロクリン(六鱗)は愛知県の天然記念物です。 ジキン(地金)と同一視する向きもあるようですが、専門家に言わせると 「とんでもない、まったく別物」という声も聞こえてきます。   稚 …