ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

珍珠鱗(チンシュリン):ピンポンパール

投稿日:

 

珍珠鱗(チンシュリン)は中国原産の金魚で、ウロコが真珠のように白く隆起しているので、英語ではパールやパールスケールともいわれている。

珍珠鱗の中でも、尾が短く胴体が短いものをピンポンパールと呼ばれ

日本ではピンポンパールという呼び名の方がポピュラーになっています。

 

 

珍珠鱗

 

珍珠鱗全般

珍珠とは真珠のことをいいます。

このことから中国で珍珠鱗と名付けられましたが、日本でも珍珠鱗をそのまま日本語読みしてチンシュリンと呼びます。

珍珠鱗は中国語読みでは Zhēnzhū lín(チェンツーリン)

中でも胴体が短くピンポンのボールのようにまん丸な品種をピンポンパールといい、日本ではピンポンパールという呼び名や、品種がポピュラーです。

 

日本へは昭和30年代に入ってきています。

人気がある反面、体形やウロコの形状、色が特異なので、好き嫌いが分かれる場合もあります。

注:珍珠鱗のうち丸手のものをピンポンパールと呼びますが、明確な品種の違いがある訳ではありません


珍珠鱗の飼育

東南アジアから輸入されたものが多く、寒さにはやや弱い傾向があります。

とはいうものの、国内繁殖されたものであれば、比較的低温にも強いようです。

水質や環境の変化にはやや弱いようです。

また、ピンポンパールなど丸手のものは、体形から転覆病になりやすいです。

 

珍珠鱗

 

混泳

泳ぎが下手なので、他の種類の金魚との混泳は避けた方が良いです。

 

入手

比較的人気があり、ピンポンパールでしたら入手は容易でホームセンターなどでもよく見かけます。

ただし個人的に判断するのは難しいかもしれませんが、外国から輸入されたものは、病気を持っていたり、輸送途中で弱っていたりするものも多いので、入手した際には、最初のケアをしっかりする必要があります。

 

派生種

キャリコ琉金や東錦と交配したキャリコ珍珠鱗

スイホウガンと交配した浜錦(ハマニシキ)

ハマニシキ
浜錦(ハマニシキ)

ハマニシキ
浜錦(ハマニシキ)

 

-金魚図鑑
-,

執筆者:

関連記事

らんちゅう(蘭鋳)

  らんちゅうといえばKing of Kingyo 愛好家も多く、良い個体を作るのが難しいという意味で、飼育の難易度も高くなっています。 らんちゅうは何といっても背びれのない独特の丸い体形が …

土佐金(トサキン)

  土佐金(トサキン)は土佐(高知県)を中心に飼育されている金魚で3大地金魚(愛知のロクリン、島根の出雲ナンキン)の一つです。 琉金の体形ですが尾びれが上側にめくれ上がっているのが特徴です。 …

スイホウガン(水泡眼)

  水泡眼はらんちゅう体形の身体に両方の目の下に大きな水泡がついているという特異な体つきをしているので目立ちます。 飼育時の注意事項や水泡について解説します。  

蝶尾(チョウビ)

  蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚 尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴です。 洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョの …

ロクリン(六鱗)

  ロクリン(六鱗)は愛知県の天然記念物です。 ジキン(地金)と同一視する向きもあるようですが、専門家に言わせると 「とんでもない、まったく別物」という声も聞こえてきます。   稚 …