ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

オランダ獅子頭

投稿日:2018年3月31日 更新日:

 

オランダ獅子頭は、頭部の肉留と長く伸びた尾びれが特長です。

見た目が豪華で華やかですし、結構大きくなるので目立ちます。

 

比較的に飼育は簡単で、丈夫な部類に入ります。

以前は、胴体が長めの個体が多かったですが、最近は弥富町当たりで広まった、寸胴の丸みを帯びた個体がより好まれるようになってきたようです。

 

 

オランダ獅子頭

 

オランダ獅子頭の飼育方法

 

オランダ獅子頭はらんちゅうなどに比べてヒレが大きく、比較的泳ぎは得意ですが、和金などに比べると、生命力やすばしこさで劣りますから

なるべくオランダ獅子頭だけか、同系統の金魚と飼育するようにします。

 

初心者の方はどうしても、見栄えが良いように色々な金魚を混ぜて飼育したがりますが、種類が違うと泳ぐスピードや生命力が異なり、弱い個体から病気にかかりやすくなります。

金魚にとっても強いストレスになりますから、出来れば同じ種類だけで飼育した方が良いですし

同系統と行っても、珍しい種類の中には生命力が弱い物もいますので注意が必要です。

同系統の金魚としては

東錦(アズマニシキ)、丹頂(タンチョウ)などがあります。

 

胴長の個体は比較的丈夫ですが、最近流行の寸胴、丸形のオランダ獅子頭はどうしても体のバランスが悪く、転覆病になりやすい傾向があると思います。

転覆病はどちらかというと病気というよりは、個体の持つ特徴から、どうしてもなりやすい体形や、生まれつきの体の構造が影響します。

転覆病はなかなか回復しませんし一時的に転覆病から回復しても、再発することが多いと思います。


オランダ獅子頭

オランダ獅子頭

オランダ獅子頭

 

オランダ獅子頭の入手

オランダ獅子頭の入手は難しくなく、ペットショップやホームセンターなどでも金魚を扱っているところでは大抵、入手可能です。

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

朱分金(シュブンキン)(金魚図鑑)

  朱分金(シュブンキン)の解説です。 朱分金(シュブンキン)とはどんな金魚なのか、特徴や育て方などについて解説します。  

珍珠鱗(チンシュリン):ピンポンパール

  珍珠鱗(チンシュリン)は中国原産の金魚で、ウロコが真珠のように白く隆起しているので、英語ではパールやパールスケールともいわれている。 珍珠鱗の中でも、尾が短く胴体が短いものをピンポンパー …

頂天眼(チョウテンガン)

頂天眼(チョウテンガン)は中国産の金魚で赤出目金の突然変異から生まれ 細長のらんちゅう体形に上を向いている目がついているのが特徴

蝶尾(チョウビ)

  蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚 尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴です。 洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョの …

江戸錦(エドニシキ)(金魚図鑑)

  江戸錦(エドニシキ)は体形はらんちゅうと同じで 体色が3色模様の金魚です