ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

ハナフサ(花房)金魚図鑑

投稿日:

 

ハナフサ(花房)花の部分に花房のようなものがついているもの全体を言います。

鼻孔から肉がはみ出して花房のように見えます。

 

ハナフサ(花房)全般

らんちゅうタイプハナフサ

 

日本ハナフサは背びれのあるタイプでオランダ獅子頭からの突然変異で現れています。

中国ハナフサは背びれのないらんちゅう体形をしていて中国では絨球魚(シュウキュウギョ)と呼ばれています。

流通量が少なく入手は困難

 

茶金ハナフサ

写真は茶金ハナフサ、茶金は自体はあまり見ないですが、ハナフサの中で茶金ハナフサは比較的ポピュラー

 

ハナフサ(花房)の飼育

ハナフサがフィルターなどに吸い込まれることがあるので、フィルターにカバーを付ける等の処置が必要なほか、ハナフサを引っかけてちぎれてしまわないように突起物などを水槽の中に入れないように注意する必要があります。

また、房はちぎれると再生しても大きくならない事が多く、傷口から細菌が侵入して、病気になる恐れがあります。

 

他の種類の金魚と一緒にすると花房をつつかれることがあるので混泳は避けた方が良いでしょう

また、エサについても、浮上性のものは水面付近でハナフサが邪魔になって食べにくいことから沈下性のエサが適しています。

これらのことに注意すれば、飼育自体が特に難しいという事はありません。

 

茶金ハナフサ
茶金ハナフサ

 

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

らんちゅう(蘭鋳)

  らんちゅうといえばKing of Kingyo 愛好家も多く、良い個体を作るのが難しいという意味で、飼育の難易度も高くなっています。 らんちゅうは何といっても背びれのない独特の丸い体形が …

蝶尾(チョウビ)

  蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚 尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴です。 洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョの …

琉金(リュウキン)(金魚図鑑)

  琉金と言えば和金と並んでもっともポピュラーな金魚の種類です。 金魚を置いているペットショップやホームセンターなら必ずと行って良いほどこの琉金がおいてあると思います。 リュウキンの特徴や飼 …

和金(ワキン)(金魚図鑑)

  和金(ワキン)といえばお祭りの金魚すくいでもおなじみで、もっともポピュラーな金魚です。 金魚はフナの突然変異、いわゆる緋ブナ(フナの体色が黄色っぽく変色したもの)を品種改良して作られたも …

朱分金(シュブンキン)(金魚図鑑)

  朱分金(シュブンキン)の解説です。 朱分金(シュブンキン)とはどんな金魚なのか、特徴や育て方などについて解説します。