ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

ハナフサ(花房)金魚図鑑

投稿日:

 

ハナフサ(花房)花の部分に花房のようなものがついているもの全体を言います。

鼻孔から肉がはみ出して花房のように見えます。

 

ハナフサ(花房)全般

らんちゅうタイプハナフサ

 

日本ハナフサは背びれのあるタイプでオランダ獅子頭からの突然変異で現れています。

中国ハナフサは背びれのないらんちゅう体形をしていて中国では絨球魚(シュウキュウギョ)と呼ばれています。

流通量が少なく入手は困難

 

茶金ハナフサ

写真は茶金ハナフサ、茶金は自体はあまり見ないですが、ハナフサの中で茶金ハナフサは比較的ポピュラー

 

ハナフサ(花房)の飼育

ハナフサがフィルターなどに吸い込まれることがあるので、フィルターにカバーを付ける等の処置が必要なほか、ハナフサを引っかけてちぎれてしまわないように突起物などを水槽の中に入れないように注意する必要があります。

また、房はちぎれると再生しても大きくならない事が多く、傷口から細菌が侵入して、病気になる恐れがあります。

 

他の種類の金魚と一緒にすると花房をつつかれることがあるので混泳は避けた方が良いでしょう

また、エサについても、浮上性のものは水面付近でハナフサが邪魔になって食べにくいことから沈下性のエサが適しています。

これらのことに注意すれば、飼育自体が特に難しいという事はありません。

 

茶金ハナフサ
茶金ハナフサ

 

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

スイホウガン(水泡眼)

  水泡眼はらんちゅう体形の身体に両方の目の下に大きな水泡がついているという特異な体つきをしているので目立ちます。 飼育時の注意事項や水泡について解説します。  

珍珠鱗(チンシュリン):ピンポンパール

  珍珠鱗(チンシュリン)は中国原産の金魚で、ウロコが真珠のように白く隆起しているので、英語ではパールやパールスケールともいわれている。 珍珠鱗の中でも、尾が短く胴体が短いものをピンポンパー …

アズマニシキ(東錦)

  東錦はオランダ獅子頭と同じような体形をしています。 頭部に肉瘤があり、ヒレも比較的長くなっています。 オランダ獅子頭と三色出目金の後輩によって作られた品種で、言うなればキャリコオランダ獅 …

ロクリン(六鱗)

  ロクリン(六鱗)は愛知県の天然記念物です。 ジキン(地金)と同一視する向きもあるようですが、専門家に言わせると 「とんでもない、まったく別物」という声も聞こえてきます。   稚 …

出雲ナンキン(出雲南京)

  出雲ナンキンはらんちゅうタイプの金魚ですが頭部や肉瘤が発達しておらず、琉金の頭にらんちゅうの胴体をつなげたような体系になっています。 出雲ナンキンは島根県の天然記念物となっており、高知の …