ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

繁殖

らんちゅう稚魚の褪色、色替わり(繁殖)

投稿日:

 

らんちゅうの稚魚もふ化後2ヶ月程度経過すると黒っぽいフナ色から、次第に金魚色に変化してきます。

このらんちゅうの稚魚の体色、色変わりについて考えてみたいと思います。

 

褪色中のらんちゅうの稚魚

 

褪色という言葉について

褪色という言葉は本来の意味は色があせていくということで

金魚の場合にも、色がだんだん薄くなったり、赤い色が白色に変わっていったりすることがあり、このことを褪色という場合もあるのですが

フナ色をした稚魚が金魚色に変化することを褪色と言う場合があります。

 

どちらが正しいのか調べて見ましたがハッキリしませんでした。

取り敢えず今回は、らんちゅうの稚魚が黒っぽいフナ色から、金魚色に変わっていくことを褪色、色変わりということで説明していきます。

 


褪色、色変わりが始まるのはいつ?

らんちゅうの稚魚がふ化してから褪色、色変わりするのは2ヶ月目程度のことが多いようです。

ただし、期間的なものだけではないように感じます。

 

後から生まれた稚魚でも、ある時期が来ると褪色、色変わりが始まりますから

水温も色変わりに大きく関係するような気がします。

 

その他にも個体差や、ある程度大きくなっていることなども関係するようです。

中には成魚になっても褪色、色変わりしないものや、2年目、3年目に色替わりするものもいる様です(特に土佐金など)

 

褪色中のらんちゅうの稚魚

 

なぜ稚魚はフナ色で生まれてくるのか

なぜ稚魚はフナ色で生まれてくるのか

などと偉そうに項目立ててしまいましたが私にも分かりません(^^;)

生まれたときには先祖返りしてフナ色をしているのか

 

カエルだって生まれたときにはオタマジャクシという祖先に近い形をしています。

あるいは、稚魚のうちは弱っちいので保護色をしている?

でも大人になって赤くなればもっと目立ちますしね。

 

褪色中のらんちゅうの稚魚

 

まとめ

らんちゅうの稚魚の褪色、色変わりは比較的早い方でふ化後2ヶ月程度で変化が始まりますが

水温や、成長の具合、個体の性質によって変わってくるようです。

 

-繁殖
-, ,

執筆者:

関連記事

らんちゅうの繁殖(ふ化後初期の飼育方法と選別)

  今回はらんちゅうの繁殖シリーズ ふ化後初期におけるらんちゅう稚魚の飼育方法と選別について解説します。  

らんちゅうの繁殖(ふ化後1週間~1ヶ月)

  らんちゅうの繁殖、ふ化直後も大変ですが、ふ化後1週間から1ヶ月くらいがその後の成長を決める重要な期間です。 この期間にしっかり飼育することで、今年1年の成果が決まると言っても過言ではあり …

金魚の稚魚のエサ(金魚の繁殖)

  親魚を準備して、環境さえ整えれば、産卵ふ化までは比較的に誰でも行う事が出来ます。 所が生まれてきた金魚の稚魚は驚くほど小さく 毛仔、針仔などと呼ばれるほどで、ふ化直後は5~6mmの髪の毛 …

らんちゅうの繁殖(産卵)

  3月~5月は金魚の産卵シーズンです。 らんちゅう飼育は何と言っても春の産卵から始まります。 産卵がスムーズに行けば、稚魚の飼育もスムーズに行き、良魚に育て上げることが出来ます。 今回はら …

ミジンコの繁殖方法やミジンコのエサ、管理の方法(金魚の繁殖)

  金魚の繁殖において、稚魚のエサとしてミジンコは栄養豊富で水も汚さないベストなエサなのですが 最近は、ミジンコが湧いている、ため池なども少なくなり、安定して入手るす事が難しくなっています。 …