ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

繁殖

金魚の産卵巣をロープを使って自作する簡単な方法

投稿日:

 

金魚の繁殖をする時に必要な産卵巣

自然の水草を使用する人や、市販の人工産卵巣を購入して利用するなど様々ですが

この、金魚の産卵巣は簡単に自作することが出来ます。

様々な物を利用して、産卵巣を自作している人も多いかと思いますが、今回は、ポリエチレンのロープを使った人工産卵巣の簡単な作り方について解説します。

 

金魚の人工産卵巣自作に必要な材料と道具

・ポリエチレンロープ

・ライター

・円筒形のもの(塩ビのパイプやスプレー缶など何でもOK)

金魚の産卵巣を作るための材料と道具

ポリエチレンのロープの代表的なものは黄色と黒のトラロープが一般的ですが、さすがにこれじゃちょっと見た目が悪いですから、緑色の物を用意します。

ホームセンターなどで探せば簡単に見つかると思います。

ライターと円筒形のものはその辺にあるものでOK、ライターの代わりに台所のガスコンロなどを使用しても良いでしょう。


ロープを使った金魚の人工産卵巣の作り方

緑色のロープを30cm程度に切った物を3~4本作ります。

そしてそのロープの片方の端をライターであぶって、溶かします。

溶けたロープの端が固まらないうちに、固いものの上で円筒形のものを転がすようにして固めます。

これをやっておかないと、後でロープをほぐしたときに、それぞれの糸がバラバラになってしまいます。

 

片方の端を溶かして固めたら次は、反対の方からロープをほぐしていきます。

通常は3本の太い糸をよってロープは作られていますから軽くほぐした後

更にそれぞれの太い糸を細い糸にほぐしていきます。

ほぐし終わったら、指で糸をスカして形を整えます。

これを3~4つ作り、最後は1つにまとめると、人工産卵巣のできあがりです。

 

ロープを使った金魚の産卵巣の作り方
まずは、ロープを太い糸にほぐす。


更に細い糸により分けていきます。


出来たものを3~4本束ねる。

ロープで作った金魚の産卵巣
できあがり

 

まとめ

初めての人は、えーっ、こんなんで大丈夫?と思うかもしれませんが、問題ありません。

発情期の金魚であれば、何かもやもやっとしたそれなりのものがあれば、しっかりその中に潜り込んで産卵してくれます。

 

市販の人工産卵巣だと「きんらん」を使う人が多いようです。

人工産卵巣のきんらん
きんらん

★楽天できんらんを見てみる★

★Amazonできんらんを見てみる★

 

 

-繁殖
-

執筆者:

関連記事

金魚の繁殖、稚魚のエサとしてのブラインシュリンプの湧かせ方

  熱帯魚の飼育をしている人はブラインシュリンプをエサとして活用している人も多いと思います。 金魚の繁殖においても、ブラインシュリンプは、生まれたばかりの稚魚(針仔)のエサとして重要です。 …

らんちゅうの繁殖(産卵)

  3月~5月は金魚の産卵シーズンです。 そして、何といっても、らんちゅう飼育は、繁殖させ、沢山の生まれてきた子供達の中から、姿形の素晴らしい個体を大切に育て 立派ならんちゅうを作りあげるこ …

らんちゅうの繁殖(ふ化後初期の飼育方法と選別)

  今回はらんちゅうの繁殖シリーズ ふ化後初期におけるらんちゅう稚魚の飼育方法と選別について解説します。  

大潮と金魚の繁殖、産卵させるなら満月か新月を狙え

  大潮と金魚の繁殖 金魚飼育経験の長い人なら知ってる人も多い話なんですが 大潮(満月or新月)の夜は金魚が産卵する事が多い   だから、金魚の繁殖をしようとする人は大潮の夜を狙っ …

らんちゅう稚魚の褪色、色替わり(繁殖)

  らんちゅうの稚魚もふ化後2ヶ月程度経過すると黒っぽいフナ色から、次第に金魚色に変化してきます。 このらんちゅうの稚魚の体色、色変わりについて考えてみたいと思います。