ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

トラらんちゅう、普通のらんちゅうと黒ランチュウを交配するとどうなるか

投稿日:

 

金魚の中で、体色に普通の金魚色と黒色が混ざっているものをトラと呼びます。

普通のらんちゅうと黒らんちゅうを交配させるとトラらんちゅうが生まれてきます。

 

珍しくもなんともないのですが、遺伝子に黒らんちゅうの遺伝子が入ってしまうと、養殖ベースでは面倒くさいことになってしまうので

一般に販売されることは少ないかと思います。

 

 

色変わり途中の稚魚を虎はげと呼ぶことがあります

トラらんちゅう

金魚はらんちゅうに限らず、金魚色に黒が混ざっているものをトラと呼びます。

アズマニシキや江戸錦など白などが混ざっている3色のものはトラとはいいません

トラらんちゅうは、黒と金魚色のまだら模様ですが

フナ色から金魚色に色変わりの稚魚をトラはげと呼ぶことがありますが、トラ金魚をとは異なります。

 

色変わり中のトラはげのらんちゅう稚魚(普通のらんちゅう)
色変わり中のトラはげのらんちゅう稚魚


トラらんちゅうの写真

トラらんちゅう

黒ランチュウとの交配でも黒が混ざっていないものも出現します。

トラらんちゅう

トラらんちゅう
トラらんちゅうですが色変わりの前のフナ色のものもいます。

 

トラオランダ獅子頭

黒らんちゅう

江戸錦

アズマニシキ

3色のものをトラとはいいません

 

まとめ

金魚には色々な種類がありますが、トラに限らず、金魚としては同じ品種ですので交配によって様々な金魚が生み出されます。

様々な形の金魚を自分の手で作り出すというのも金魚飼育の一つの醍醐味かもしれません。

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

ロクリン(六鱗)

  ロクリン(六鱗)は愛知県の天然記念物です。 ジキン(地金)と同一視する向きもあるようですが、専門家に言わせると 「とんでもない、まったく別物」という声も聞こえてきます。   稚 …

らんちゅう(蘭鋳)

  らんちゅうといえばKing of Kingyo 愛好家も多く、良い個体を作るのが難しいという意味で、飼育の難易度も高くなっています。 らんちゅうは何といっても背びれのない独特の丸い体形が …

オランダ獅子頭

  オランダ獅子頭は、頭部の肉留と長く伸びた尾びれが特長です。 見た目が豪華で華やかですし、結構大きくなるので目立ちます。   比較的に飼育は簡単で、丈夫な部類に入ります。 以前は …

ライオンヘッド

  ライオンヘッドは見た目は蘭鋳と似ていますが、別系統の金魚です。 中国系統の背びれの欠如した品種 頭部全体に肉瘤が発達しているのが特長 らんちゅうとの交雑が進み、見分けが付きにくい場合もあ …

土佐金(トサキン)

  土佐金(トサキン)は土佐(高知県)を中心に飼育されている金魚で3大地金魚(愛知のロクリン、島根の出雲ナンキン)の一つです。 琉金の体形ですが尾びれが上側にめくれ上がっているのが特徴です。 …