ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

アズマニシキ(東錦)

投稿日:2018年4月1日 更新日:

 

東錦はオランダ獅子頭と同じような体形をしています。

頭部に肉瘤があり、ヒレも比較的長くなっています。

オランダ獅子頭と三色出目金の後輩によって作られた品種で、言うなればキャリコオランダ獅子頭とも言えます。

 

 

東錦

 

アズマニシキ(東錦)の飼育

飼育の難易度はオランダ獅子頭と同程度でそれほど難しくはありません

一部飼育が難しいとしている場合もありますが、品評会に出すような形が作りあげられた特殊な系統のものや、大切に育てられたものなどですと

体質的に弱くなっている可能性がありますが、一般に出回っているレベルの東錦であれば他の金魚に比べて特に弱いということはないでしょう。

飼育方法も通常の金魚の飼育と同じだと考えて良いと思います。

 

混泳するなら同系統の金魚と一緒にします。

オランダ獅子頭、丹頂(タンチョウ)など


東錦の系統

一般の人が気にするほどではありませんが、東錦にはマニアも多く、いくつかの系統に分けて考える場合もあります

弥富系

水槽に入れても見栄えが良いように、比較的体型の丸い東錦で

一般に広く出回っています。

 

関東系

オリジナルの東錦に近い、やや細長い体形の東錦です。

一部の愛好家によって飼育されていることが多いです。

どちらかというと水槽に入れて鑑賞するよりも、上見(池や船など)で鑑賞するスタイルが一般的

 

鈴木系

今は廃業してしまっていますが、かって存在した鈴木養魚場産の東錦です。

関東系の東錦に浜錦を交配させて作られています。

水泡状に大きく肉瘤が発達しているのが特長で、厚みのある尾びれと長手の体形をしています。

愛好家の間で系統を維持しているものや、他の東錦の系統と掛け合わせたものなどが存在します。

 

 

東錦の画像

東錦

東錦

東錦

 

東錦(アズマニシキ)の入手

それほど珍しい種類ではありませんので入手は容易ですが、一般のペットショップやホームセンターでは常時おいていない場合もあります。

 

-金魚図鑑
-

執筆者:

関連記事

珍珠鱗(チンシュリン):ピンポンパール

  珍珠鱗(チンシュリン)は中国原産の金魚で、ウロコが真珠のように白く隆起しているので、英語ではパールやパールスケールともいわれている。 珍珠鱗の中でも、尾が短く胴体が短いものをピンポンパー …

蝶尾(チョウビ)

  蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚 尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴です。 洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョの …

スイホウガン(水泡眼)

  水泡眼はらんちゅう体形の身体に両方の目の下に大きな水泡がついているという特異な体つきをしているので目立ちます。 飼育時の注意事項や水泡について解説します。  

タンチョウ(丹頂)

  タンチョウ(丹頂)は体形はオランダ獅子頭 頭部の上部に肉瘤が盛り上がっており 肉留の部分のみ赤く、その他の身体の部分は白いのが特長です。  

トラらんちゅう、普通のらんちゅうと黒ランチュウを交配するとどうなるか

  金魚の中で、体色に普通の金魚色と黒色が混ざっているものをトラと呼びます。 普通のらんちゅうと黒らんちゅうを交配させるとトラらんちゅうが生まれてきます。   珍しくもなんともない …