ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

金魚図鑑

出雲ナンキン(出雲南京)

投稿日:2018年6月8日 更新日:

 

出雲ナンキンはらんちゅうタイプの金魚ですが頭部や肉瘤が発達しておらず、琉金の頭にらんちゅうの胴体をつなげたような体系になっています。

出雲ナンキンは島根県の天然記念物となっており、高知の土佐金、愛知のロクリン(ジキン)とともに3大地金の一つに数えられています。

 

出雲ナンキン

出雲ナンキンの特徴

頭部が小さく、肉瘤は出ません

背びれはなく4つ尾、目先が細長く目幅が狭い

体色に関しては、他の金魚と違って白勝ちの更紗が好まれます。

 

品評会では容姿に優れた上品さが求められ

・口先が小さい

・目幅が狭く長い

・腹部は丸く左右均等

が審査基準になります。

梅酢などを使って人口調色を行い人工的に白勝ちにしたり、模様を変えたりすることもあります。

 

出雲ナンキン


飼 育

らんちゅうとほぼ同様で良いと思いますが、体質的にはらんちゅうより弱い感じがします。

単独飼いだと、エサの食いつきが悪く成長に悪影響があるのでなるべく多数で飼育するほうが良い結果が出るといわれています。

出雲ナンキン

出雲ナンキン

入 手

以前に比べれば市場に出回るようになってきていますが、通常のショップなどで販売されていることは少ないです。

出雲ナンキン

出雲ナンキン

出雲ナンキン

 

-金魚図鑑
-,

執筆者:

関連記事

ハナフサ(花房)金魚図鑑

  ハナフサ(花房)花の部分に花房のようなものがついているもの全体を言います。 鼻孔から肉がはみ出して花房のように見えます。  

茶金(チャキン)(金魚図鑑)

  茶金について解説します。  

朱分金(シュブンキン)(金魚図鑑)

  朱分金(シュブンキン)の解説です。 朱分金(シュブンキン)とはどんな金魚なのか、特徴や育て方などについて解説します。  

蝶尾(チョウビ)

  蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚 尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴です。 洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョの …

アズマニシキ(東錦)

  東錦はオランダ獅子頭と同じような体形をしています。 頭部に肉瘤があり、ヒレも比較的長くなっています。 オランダ獅子頭と三色出目金の後輩によって作られた品種で、言うなればキャリコオランダ獅 …