ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

らんちゅう飼育 屋外飼育

らんちゅう6月の飼育管理(屋外での飼育)

投稿日:

 

6月のらんちゅうの屋外飼育について解説します。

6月は、産卵シーズンも終わり、稚魚の育成の方に気持ちが行きがちですが

季節の変わり目で、気温も上がったり、あるいは梅雨シーズン到来で、雨による急激な水温変化で、らんちゅうの体調も悪くなりがちです。

ここで油断することなく、しっかりとらんちゅうを飼育していくことが必要です。

 

 

らんちゅう

 

屋外飼育は好天の日の高温と、雨による水温の低下に注意

6月ともなると、真夏に近い気温に上昇する日もあります。

春先の温暖な気候になれていると、ついつい油断して、太陽の光をもろに浴びさせてしまいがちです。

今日は好天で、気温も上がりそうだという日には、すだれや、波板などで日覆いを作ってやる必要があります。

プラ舟や、たらいなどだと、もろに太陽光をあててしまうと、昼下がりには30°以上に水温が上がってしまうこともよくあります。

 

そう思っているうちに

梅雨になり、雨の日が続くこともあります。

雨ということは、太陽の光が直接当たらないので、水温はなかなか上がりません

それに加えて、冷たい雨がどんどん流れ込みますから、水温が低下します。

 

特に寒冷前線の接近に伴う急な土砂降りなどの場合には場合には、気温の急低下に加えて、冷たい雨が大量に流れ込みますから注意が必要です。

晴れの人同様に、雨が予想されるときにも、波板などで覆いをして、雨が極力流れ込まないようにします(特にプラ舟などの水量が少ない容器)


らんちゅう

 

水温が下がれば新陳代謝が悪くなり、エサの消化も悪くなる

金魚は変温動物ですから、水温が下がれば直接的にもろに、新陳代謝が低下するだけではなく

エサの消化も悪くなります。

となると

・餌の食べ残し

・食べた餌の消化不良

という問題が出てきます。

 

雨が降っている日にはエサを控えて少量にするとか、エサをやるのは午前中だけにするなどの配慮が必要です。

 

らんちゅう

6月は病気が発生しやすくなる

6月はこれまで述べたとおり

季節の変わり目で、高温になったり、急に水温が低下したり

人間と同じでホルモンバランスが崩れたり?

飼育している人も、今年生まれた稚魚たちの世話に注意が向いていたり

 

長雨で、外での作業がどうしても、不十分になりがち

等の事情から、らんちゅうたちの免疫力も低下しており

病気の発生が起こりやすくなっています。

 

よくよくらんちゅうたちの様子を観察して、病気が発生しないよう

あるいは発生してしまったら、早めの対処が必要です。

 

水替えは晴れの日に

長雨が続くときはそうもいってられないですが

雨の日は水温も下がっていて、らんちゅうの体調もイマイチのはずですから、水替えは控えるようにしましょう。

逆にいえば、雨が続くときにはエサも控えめにしているはずですから、水質が悪化するのを防ぐことにもなります。

合間の晴れの日があれば、すかさず水替えをするようにします。

 

まとめ

6月は季節の変わり目な上に、繁殖も一息つき、長雨でらんちゅうたちへの注意も怠りがちですが

病気の発生しやすい時期でもありますから、しっかり管理を行っていく必要があります。

 

-らんちゅう飼育, 屋外飼育

執筆者:

関連記事

らんちゅう飼育のバイブル「金魚の飼育と繁殖」大野三男氏著について

  私が、らんちゅう飼育にのめり込んだのは 中学生の頃、図書館でたまたま手に取った 「ランチュウ中心金魚の飼育と繁殖」大野三男氏著 を見たことがきっかけになっています。 その後、社会人になっ …

らんちゅうの繁殖(産卵)

  3月~5月は金魚の産卵シーズンです。 そして、何といっても、らんちゅう飼育は、繁殖させ、沢山の生まれてきた子供達の中から、姿形の素晴らしい個体を大切に育て 立派ならんちゅうを作りあげるこ …

らんちゅう3月の飼育管理(屋外飼育)

  らんちゅう飼育は通常3月から始まります。 3月の初め、平均水温が10°Cを越える頃らんちゅうを冬眠から起こします。 3月は長い冬眠をのりきったらんちゅうたちの体力を回復させると共に 春の …

金魚の冬眠、冬支度、屋外飼育で水温が10°を切ったら冬眠準備

  冬が近づき、水温が10℃を切るようになってきたら、金魚の屋外飼育ではそろそろ冬眠の準備です。 屋外飼育では、冬場になれば金魚は冬眠に入り餌を食べなくなりますし 厳しい冬を乗りきるための準 …

らんちゅうを水槽で飼育する方法、水槽や飼育数、エサや育て方は

  高級金魚の代表と言えばらんちゅう 最近はらんちゅうを飼育する人も増えて、らんちゅうを入手することはそれほど難しくはなくなりましたが 逆に入手しやすいことから、金魚飼育に慣れていない人がら …