ポテコ金魚水族館

可愛い金魚たちを末永く飼育するためのサイトです

らんちゅう飼育

らんちゅう4月の飼育管理(屋外飼育)

投稿日:2018年4月9日 更新日:

 

 

4月になれば暖かい日も続き、らんちゅうの動きも活発になってきます。

特に4月は繁殖の時期ですから、飼育管理にも細心の注意が必要です。

4月のらんちゅう飼育の注意事項などについて解説します。

 

 

 

水替え

4月になれば、らんちゅうの活動も活発になり、餌もよく食べるようになるため、青水が濃くなるのも早く水替えの回数も増えることと思います。

水替えの回数を増やし、新水が多くなれば、らんちゅうの発情も進み、産卵の時期を迎える訳ですが

 

この時期、あまりにも水替えの頻度が早く、新水に近い状態で飼育していると、オスメスの発情のタイミングが合わなかったり、メスだけで無精卵を生んでしまったりということがありますから

なるべく良好な青水状態を長めに維持するようにします。

この時期の水替えは新水を7~8割になるようにします。


オスメスは別々に飼育する

2歳魚以上になればオスメス別に飼育することが望ましいですが、やむを得ない場合、オスメス一緒に飼育しているケースもあるかと思います。

しかし、繁殖を直前に控えたこの時期だけはオスメスを別に分けておいた方が良いでしょう。

 

オスメスを一緒にしておくと

たいがいオスの方が早めに発情しますから、興奮したオスがメスを追いかけて、追いかけられたメスが疲れ切ったり

たたきの場合、セメントの側面にメスがオスに押しつけられてウロコが剥がれたり、身体に傷を負ったりすることがあります。

 

また、予定外の時に、産卵巣もないところで産卵してしまうと

卵の処理が面倒になったり、上手くふ化させられない場合も出てきます。

 

 

繁殖を踏まえた飼育

ポイントとしては、3月に冬眠から覚めて、衰えた体力を回復させるために、水温の上昇と共に、餌の量も増やしてきたと思いますが

産卵させる日が近づいてきたら、エサは控えて少量にします。

 

エサをたっぷりとやり過ぎていると活動が低調になり、運動不足で産卵がうまく行かないことがあるのと

ある程度、エサが少なめの状態ですと発情が進みます。

 

特に産卵予定日の前日からはエサをやらない方が良いでしょう。

また産卵前は、なるべく青水で飼育し、刺激しすぎないようにします。

 

この時期は親魚の管理もしっかりして、上手く産卵に導いていく必要もありますし

その合間を縫って、

産卵用の舟や池

あるいは生まれてきた稚魚を育てるための準備も必要ですから忙しくなってきます。

 

 

-らんちゅう飼育
-,

執筆者:

関連記事

らんちゅう6月の飼育管理(屋外での飼育)

  6月のらんちゅうの屋外飼育について解説します。 6月は、産卵シーズンも終わり、稚魚の育成の方に気持ちが行きがちですが 季節の変わり目で、気温も上がったり、あるいは梅雨シーズン到来で、雨に …

らんちゅうの肉瘤は水槽飼育だとなぜ発達しないのか

  水槽飼育だとらんちゅうの肉瘤は発達しないといいます。 実際問題水槽飼育で、私自身の経験からも肉瘤を発達させるのは難しいですし 頑張って工夫しても、発達はしないです。   そもそ …

らんちゅうの繁殖(産卵)

  3月~5月は金魚の産卵シーズンです。 らんちゅう飼育は何と言っても春の産卵から始まります。 産卵がスムーズに行けば、稚魚の飼育もスムーズに行き、良魚に育て上げることが出来ます。 今回はら …

no image

らんちゅう8月の飼育管理(屋外飼育)

  らんちゅう8月の飼育管理について解説します。 8月は、7月に引き続いてまだまだ暑い日が続きます。 油断するとすぐにらんちゅうをダメにしてしまいますし、らんちゅうが1番成長する秋に向けて、 …

らんちゅうの繁殖(ふ化から最初のえさやりまで)

  産卵から数日経つと、卵から稚魚達がふ化してきます。 産卵したときには、ずいぶん少ないなと思いながら、ふ化させてみると意外にたくさんの稚魚がふ化しています。 今回は、卵のふ化から、最初のえ …