飼育方法

金魚飼育で大切な餌の量、水槽飼育ではどのくらい与えれば良いのでしょうか

水槽で金魚を飼育する人は多いと思いますが、エサはどのくらいやれば良いのでしょう。5分程度で食べきる量とか、何粒とか色々ありますが、水槽飼育の場合は、このようなエサのやり方をしているととても危険です。金魚の水槽飼育ではどのくらいのエサを与えれば良いのしょう?
金魚図鑑

蝶尾(チョウビ)(金魚図鑑)

蝶尾の原産は中国で昭和50年代(1970年代)に日本に入ってきた金魚です。尾びれが上から見るとチョウチョのような形をしているのが特徴で、洗面器などに入れて泳がせると、尾びれがチョウチョのようにひらひらと動いてとても優美です。
らんちゅう飼育

らんちゅう飼育、初心者がついついやりがちな失敗、飼育の注意事項

金魚の王様、らんちゅう、飼育は、本当はそんなに難しくはないのですが、これだけはやっちゃダメなことがあり、初心者だとついついやりがちな失敗があります。らんちゅう飼育は、基本さえ守って、愛情を注げば、誰でもできますし、ユーモラスな動きで、毎日の生活に潤いを与えてくれるはずです。
金魚図鑑

土佐金(トサキン)(金魚図鑑)

土佐金(トサキン)は土佐(高知県)を中心に飼育されている金魚で3大地金魚(愛知のロクリン、島根の出雲ナンキン)の一つです。琉金の体形ですが尾びれが上側にめくれ上がっているのが特徴です。
金魚図鑑

出雲ナンキン(出雲南京)(金魚図鑑)

出雲ナンキンはらんちゅうタイプの金魚ですが頭部や肉瘤が発達しておらず、琉金の頭にらんちゅうの胴体をつなげたような体系になっています。出雲ナンキンは島根県の天然記念物となっており、高知の土佐金、愛知のロクリン(ジキン)とともに3大地金の一つに数えられています。
繁殖

らんちゅうの繁殖(ふ化後初期の飼育方法と選別)

ふ化後初期におけるらんちゅう稚魚の飼育方法と選別について解説します。
金魚図鑑

ライオンヘッド(金魚図鑑)

ライオンヘッドは見た目はらんちゅう(蘭鋳)と似ていますが、別系統の金魚です。中国系統の背びれの欠如した品種で頭部全体に肉瘤が発達しているのが特長、らんちゅうとの交雑が進み、見分けが付きにくい場合もあります。
金魚図鑑

タンチョウ(丹頂)(金魚図鑑)

タンチョウ(丹頂)は体形はオランダ獅子頭で、頭部の上部に肉瘤が盛り上がっており、肉留の部分のみ赤く、その他の身体の部分は白いのが特長です。
金魚図鑑

ロクリン(六鱗)(金魚図鑑)

ロクリン(六鱗)は愛知県の天然記念物です。ジキン(地金)と同一視する向きもあるようですが「まったく別物」という声もあります。稚魚のうちに、人為的にウロコを剥いで、口の周りとヒレの部分を除いて白色に調色が行われます。体形は和金タイプですが、尾びれが左右に分かれているのが特長です。
繁殖

ミジンコの繁殖方法やミジンコのエサ、管理の方法(金魚の繁殖)

金魚の繁殖において、稚魚のエサとしてミジンコは栄養豊富で水も汚さないベストなエサなのですが、最近は、ミジンコが湧いている、ため池なども少なくなり、安定して入手るす事が難しくなっています。そこで、自家繁殖でミジンコを養殖する方法について解説してみたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました